読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水の消えた川を跨ぐ橋の上から

公にするのも憚られる、かなりどうでもいいこと

S1のメガサメハダーについて

 

またお前か

 

 

f:id:mose_cat:20160228004841p:plain

Sharpedo @ Sharpedonite
Ability: Speed Boost
Level: 50
Shiny: Yes
EVs: 236 Atk / 20 SpA / 252 Spe
Naughty Nature
- Crunch
- Earthquake
- Ice Beam
- Protect

 

技範囲・技の一貫と加速による素早さの上昇が優秀なので、七世代でもそこそこ戦えるポケモンとなった(?)。

六世代は言うまでもなく、かみくだく/アクアジェット/みがわり/まもる の構成が強かったのだが、七世代においてはファイアローの弱体化によってアクアジェットの必要性が薄れ、スイクンがいないためみがわりの必要性も薄れた。

その一方でルカリオやカプコケコと戦うための地震、ガブやマンダへの打点となる氷技の有用性が高まった。

当初は氷の牙を採用していたが、よくよく考えたらみがわりがいらない(スイクンの熱湯をみがわりが耐える必要がない)、仮想敵のガブは襷を持っていて特性はさめ肌、マンダは無邪気やASが一定数存在し特性は威嚇。それなら冷凍ビームでよくね?ってことで氷技を採用する場合のみ、やんちゃメガサメハダーの方が強いはず。

少しAを削ったが、メガルカリオ、カプ・コケコ、ギルガルドへの確定数は変わっていない。逆にASガブリアスは75%、ASボーマンダは81.3%(無邪気は確定)ということでまあまあこちらに分の良い勝負になるのではないかと思う。というか氷の牙採用では勝ち目がほぼほぼ0だったのに冷凍ビームにしたらむしろ有利になっててすごい。D振りとかはどうせ勝てないので知りません。